Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

12A猫で学んだこと-Memoir-

...What are you learning now?

統計学は最高の学問・・・になるのか?

本日、るる鯖の12A猫でデータを集めて、統計を使って解析している方の存在をを知りました。(GMさんとして、そしてPLさんとして、お世話になった方でした)

・・・100以上もあるデータをきちんと集計するとは凄いですね。

現在のるる鯖で、勝率を高める為に、何が最善の行動かを知るには、その方のようにデータを集めることが必須でしょうね。どんなに強い方でも100%勝てるゲームではないので、勝率を高めるためには、その方のようにデータを参照するのは必須でしょうね。特に同じプレイヤーが参加していることが多い環境では。

 

このような統計データに対して、自分が期待しているのは、「人間は騙す方が得意なのか、それとも騙される方が得意なのか?」ということに関する考察ができる可能性があることですね。

シンプルな仮定をおけば、村陣営も狼陣営も、(ある意味で)最善を尽くした時の村の勝率と狼の勝率、引き分けの確率が原理的に求まるはずです。その値と、実際の村の率を比較することで、上記の問題を考察できる可能性があるかなーと思います。

その方が、集めたデータを使ってどのような考察をされるのかを楽しみにしましょう。

動画を作成される方にしても、こうやってデータを集められる方にしても、

やっぱり、人狼界隈ですごいのは、エンターテイメントを提供できる人だよなぁ・・・と思う今日この頃です。